多機能型事業所光と風の里恵み野西

光と風の里恵み野西(恵み野西事業所)

管理者(入社19年目)

佐川 理絵さん

管理者になって半年ということですが、不安はありましたか?

入所施設で支援員を10年、その後相談支援や通所型事業所でサービス管理責任者を経験してきました。
2021年から管理者という責任のある業務を任せてもらうことになりましたが、自分の器や技量で良いのか?福祉のみの社会経験で、管理者という広い視野が求められることに対応できるかという不安はありました。
ただ、先輩の皆さんに「一緒に」という言葉をかけていただいたことで、自分にできることを精一杯頑張ろうという気持ちになれました。

管理者として目指していることはありますか?

私が心掛けているのが、仕事に慣れてきたから「自分はできる」という慢心を持たないようにするということです。
いつまでも利用者の皆さんや職員の方の気持ちに寄り添うことで、集まる人たちにとって居心地の良い環境を作っていけると思います。
スタッフそれぞれが力を発揮して、楽しく仕事ができる場を提供し、一緒に環境づくりができる事業所を目指しています。

光風会で求められているのはどういった方だと思いますか?

やはり1番重要なのは「人とのかかわりを大事にしたい」という気持ちがあるということだと思います。
光風会はなにか困ったとき、他の事業所からも「手伝うよ」と言ってもらえるような“やさしさ”が魅力な法人だと感じています。
それも利用者の方はもちろん職員も含めた人とのかかわりを大事にしている人たちが集まっているからだと思います。
そんな気持ちを持った人であればきっと楽しく働いていくことができます。

学生の方へ

光風会は職員間の風通しが良いことが魅力の一つだと思います。
仕事が大変な時や、急遽仕事を休まなくてはいけない時もまわりの職員の皆さんが協力してくれています。
子どもが好きな人や障がいについて知りたい・興味があるという方にはとても働きやすい職場だと思います。

求人募集

お問い合わせ